無職でもアイフルで借り入れできた人って何をしたの?

無職だけどお金を借りられた!という報告をSNSで時々見る事があります。こうした時折タイムラインとかで見られる報告は、本当なのですか?

私は別に無職というわけでは無く、調理師として病院で仕事をしています。安定した仕事ではありますが、給与はやや少なめというやつで、時々はカードローンでも使い、自分のしたい事もしてみたい…と思う事だってあるわけです。まあ実際にパッと使ってしまうと困るかもしれませんが、それが現実にできるカードローンは便利だなぁ、と感じるし興味もあります。

仕事をしている人なら誰でも申し込めるし作れるというのは知っていますが、無職の人が融資OKだった報告を見る度に、それが本当かどうか結構気になります。無職でもOKというのであれば、もうほとんどの人が作れるわけで、私なら簡単に作れるのでは…なんて思うわけです。それとも、ただの虚言だったりするのでしょうか?

この前見かけた報告がアイフルという金融業者だったのですが、ここは無職でも借りられますか?無職でも借り入れが出来た人って、一体何をして審査に通過したのでしょうか?興味が尽きる事はないので、是非教えて下さい。
(⇒無職と融資はどのように関わる?

おそらく何らかの形で収入があったものと思われます

無職でも借りられた!という報告は、SNSじゃなくてもネット検索でもたくさん見かけますね。ただ、悪質なサイトへの誘導をしている場合もあり、簡単に信じたりクリックしたりするにはちょっと確認も難しいです。

それで実際どうなのかですが、無職でも実は借り入れ不可能な理由にはなりません。無職でどうやって返すのか?というところに焦点を当ててみると分かるかもしれませんが、無職でも定期的な収入があるという場合、それを証明できれば融資を受けられる可能性がある…というわけなのです。ちょっと盲点かもしれません。

無職でありながら収入というのはピンときにくいですが、配当金とか土地収入とか、そんな感じが該当しますね。会社に通うだけが収入に直結しているわけでは無く、不労所得という言葉も世の中にはあります。実際にこの不労所得で十分なお金を得るというのはかなり難しいし運も時には必要ですが、生きていく上で十分な不労所得が得られたら、それを収入としてアイフルにだって申し込める、というわけなのです。
(⇒融資審査の基準は結局のところどうなっているの?

もしも仕事をしていてリストラされてしまっても、この不労所得が副業か何かの結果で得る事が出来ているのなら、そちらで融資を受ける事も期待できるかもしれません。参考にしてみて下さいね。

無職でアイフルからキャッシングできない時の借り入れ方法

アイフルは大手消費者金融です。総量規制対象の貸金業者です。総量規制対象の貸金業者からは、年収の3分の1までしか借り入れが出来ないため、収入自体がない人では、借り入れ自体が不可能です。しかし、申し込む前に工夫する事で審査に通る事はできます。多少努力を行う必要がありますが、それでも大した努力ではありません。

無職では流石に厳しいため、何らかの仕事を見つけましょう。アルバイト・パートでも構いません。どうしても無理であれば、短期バイトに登録する選択肢も残されています。短期バイトに登録して数日働いている間に申し込む事で、無職と記入する必要が無くなります。実家で何かお仕事をしている場合、アルバイトという形で数日働く事でアルバイトの肩書を獲得出来ます。
(⇒アルバイトなら普通にお金を借りられます

インターネットでアルバイトをする事も可能です。オークションサイトに不用品を出品し収入を取得する人は大勢います。価値のある書籍を安価で仕入れて高くで販売するせどりでも良いでしょう。お仕事サイトでちょっとしたアルバイトを行なっても良いかもしれません。

アイフルは総量規制対象の貸金業者ですが、条件によっては収入証明書不要で審査を受けられます。利用限度額が50万以下、かつ他社との借り入れ合計が100万以下であれば、提出する必要はありません。(ただし、例外的に求められる事もあります。)少額融資を申し込みましょう。他社に借入金が残っていれば、そちらを返済しておきましょう。

次は利用履歴です。現在、借金の返済が遅れている場合、申し込む前に滞納を解消しましょう。利用履歴がクリーンな方であれば、クレジットカードを定期的に使って、しっかり支払いしてください。アイフルに限らず、消費者金融の審査では、利用履歴も調査されますので、こちらの対策です。

要約すると、無職以外の肩書を身につけて、少額融資を申し込む前に利用履歴を綺麗にしておく事となります。無職からそのまま融資を受けるのは難しいです。このようにどこかで工夫した上で、申し込む事で落とされるリスクを軽減できます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.