生活保護を受けている時、アイフルからの借り入れはどうなるの?

社会人三年目の、元サラリーマンで現在は無職です。不況のあおりを受けて勤め先の会社が倒産し、現在は生活保護を受けています。

一つ気になることがあるのですが、生活保護を受けている際に、アイフルからの借り入れはどうなるのでしょう?新規の借り入れは不可能なのでしょうか?あるいは、すでに借り入れ金がある中で、その返済が不可能に近くなっている場合は、どういった措置が取られるのでしょうか?

デリケートな質問で恐縮ですが、どなたかお詳しい方、アドバイスをいただければ幸いです。

生活保護を受けている間は、借り入れを受けることができません

キャッシングは非常に便利で、例えば定職についていない主婦でも、パートやアルバイトに従事していれば、小額であってもキャッシングを行うことは可能です。基本的に、キャッシングの間口は平等に広く開かれています。

キャッシングが受けられない典型的な例は、根本的に収入が無く、いかなる労働にも従事していない場合です。分かりやすくいえば、生活保護を受けている状況など。

この場合、新規の借り入れを行うことはもちろんできないのですが、すでに借り入れがある状態で自己破産した場合、債務整理を行う必要が出てきます。こういった作業はなかなか民間の素人には難しいので、プロの方に相談するのが一番の得策でしょう。

すでに消費者金融からの借り入れがある状態なら、複数ある場合はなおさら、その債務を一本化する必要があるでしょう。そのために便利なのが、おまとめローンという形です。これはすなわち、複数の企業から借りている借金を一本化し、一つの企業に対応してもらえば返済できるという仕組みです。
(⇒自分に合った借り入れプランを選ぼう

アイフルなら生活保護受給者でも大丈夫ですので安心して

今の時代、消費者金融の存在感が大きくなってきています。民主党政権から自民党政権になり、いわゆるアベノミクスという言葉が出てきて、いかにも景気がよくなったような風潮がありますが、それは一部の高額所得者や資産家が大きく経済指標の数字を引き上げているだけであり、なかなか国民全体にいき渡っているとは言い難い状況であります。

普通に、学校を卒業して、就職しても今般の実力主義の影響もあり、リストラにあい、退職を余儀なくされ、精神的なストレス等から病気を患い、生活保護受給者になるケースが多くあります。最近では、中高年ばかりでなく、若い世代の方に生活保護受給者が増え、大きな問題になっています。また、厳密な審査をせずに、支給を決めてしまう、行政の在り方にも批判が高まっています。

最近では、その支給額が減らされ、多くの生活保護受給者の生活が困難に陥っているということがいえます。そんな方の強い味方になるのが、アイフルです。アイフルは、無職の方も含め、弱者の方の味方であるといえます。国や地方公共団体だけをあてにしていては、最低限の生活をしていくのも大変です。国民一人ひとりが自分で考え、行動を起こす必要があります。

今までに、消費者金融などを利用した経験がない方も安心して申し込めるのもアイフルです。家族や友達にお金を借りることは、簡単に思えて実はかなり大変なことです。家族といえども限界があり、そう頻繁には借りることはできませんし、友達に関していえば、借りたお礼として食事などをごちそうすれば、数千円の出費になります。大変な金額です。

アイフルへの申込は簡単です。そんなにかたく考える必要はありません。インターネットや携帯電話があれば申込できます。もちろん返済しなければいけませんが、返済期日や分割回数などは、相談に応じてくれます。生活保護のみで生計を立てている方の場合はその支給日にあわせて返済日を設定してくれるなど大変便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.