アイフルで明細を拒否したらどうなるの?

キャッシングベスト3

アイフルで明細送付を拒否するとどうなりますか?

実家暮らしでそのまま通勤もしています。実家暮らしだと友達に独り暮らしを誘われる事もしばしばありますが、実家暮らしだと家事などの面でメリットも非常に多いので、私としては独り暮らしにあまり魅力を感じられず、このまま実家に住む予定です。生活費も入れていますし、穀潰しというわけではありませんし。

まあさすがに実家暮らしで金銭的に乗っかるのは良く無いのくらい分かっていますので、万が一欲しい物があってお金が足りないようであれば、カードローンを使おうと思っています。独り暮らしをしている友人はアイフルのカードを持っており、使いやすいとお勧めしています。私も特にカードにこだわりがあるわけでは無いので、このカードを持とうかと今考えております。

ただ、アイフルは利用すると明細書が送られてくるらしく、実家暮らしの私としては、出来ればこの明細の送付は遠慮したいところです。明細が届くと融資を利用していると家族にバレやすそうですし、それは避けたいという思いがあるのです。明細送付は拒否できますか?拒否したとしたら何があるのか、それを教えてもらえると嬉しいです。

一部のサービス利用が出来なくなるので注意です

家族に内緒で融資を使うというとちょっと言いづらい事情がある事もあるでありますが、質問者さんの場合はそんな事はないでありますか?それなら自分のお金で利用するからと先に断っておくと楽ではありますが、言いにくいことであるのも事実でありますな!

アイフルは普通に利用していれば明細を送ってもらう方が安心して利用できるでありますが、明細を希望しないという選択もできるであります。それなら送ってこない方が気楽ではありますが、この場合は一部のサービスが利用停止になってしまうであります!全部の機能が停止するというわけでは無いでありますが、フル機能じゃなくなるのは困るかもしれないでありますな。
(⇒アイフルの機能をフル活用する為に必要な事

停止される機能としては、融資の振り込み依頼ができなくなる事が目立つでありますな。振り込みだと例えばインターネットからお願いする事で指定口座に振り込んでもらう事での借入ができるでありますが、これがちょうど無くなってしまい、ATMなどを使わないと借りられなくなってしまうのであります!振り込みは一切使わない…そう思っていても、カードを忘れた時の融資のお願いが出来なくなったりするでありますから、いざという時には弱くなってしまうでありますな…。

明細はどれくらい使ったかを理解するのにも役立つでありますから、出来るだけ送ってもらう方針が良いであります!どうしても送付が嫌なら、リスクを把握してから考えるでありますよ!

アイフルの利用明細を大事に取っておく利点

毎月見るのが、カードローンを利用した時に届く利用明細、住宅ローンと比べるとカードローンは借り入れ額が少なく借り入れを行なう前にしっかりと返済していけるかどうかを考えてから借りるという方は少ないと思います。なぜなら無計画な借り入れを行う事で、自己破産に陥る方がいるからです。

計画的な返済を行なうためにアイフルなどの消費者金融から借り入れを行なったら利用明細を大事に取っておきましょう。どんなに小額なお金でも事前に返済計画を立てることで、生活のバランスを崩すことなくしっかりと返済していけます。最近では、サイトやホームページに返済シュミレーションというものがあるので、それを利用して返済までにどの程度利子や額を払うのか理解できますし、支払い期間などもわかってきますので、余裕が持てます。

収入よりも支出が重要になってきます。いくら収入が多くても支出が同じ程度だと、自由にできるお金はありませんよね。また収入が少なくても支出さえ押さえてられていれば、返済に回せるお金に余裕が生まれます。返済計画を立てる時は、収入と支出のバランスをうまく考慮しながら、毎月返済できるか検討する必要があります。

毎月計画的に返済できているかをチェックする必要もあります。毎月しっかり返済していると言っても後々計画というものは、崩れてやすくなります。そうならないために毎月計画を見直すことが大事になってきます。毎月届く、利用明細を見てチェックを行い収入と支出のバランスが崩れていないか、計画通りに支払えるかを計算してみてください。

利用明細は捨てずに大事に保管しておきましょう。なぜなら利用明細書は後からでも返済を見直すことができたり、毎月返済できているか確認が行なえるので、とても大事なものです。また副業などで収入が増えた場合、返済計画に余裕が生まれた場合に一括返済に対応したカードローンなら全額を返済が行なえますので、楽に返済ができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.