アイフルに申し込んだら仮審査融資可能だったのに

お金のことで悩んでいます。3年ほど前から趣味の買い物のためにキャッシングを繰り返しています。同居する親や兄弟には内緒にしているので、ストレスが溜まります。でも打ち明けることはできません。この間、新規でアイフルに申し込んだら、仮審査までは通ったのに結果として否決になってしまいました。バイト先に在籍確認の電話もあったのに、です。これってもう、どこからも借りられないってことなんでしょうか……。

過去のマイナスの情報は調べればわかります

審査に落ちた原因として容易に考えられるのは、過去数年以内に延滞や債務整理があった、借入額が既に多額である、という点ですが、いかがでしょうか。キャッシングに限らず、クレジットカードの引き落としや携帯料金などの支払いでも延滞してしまうとブラックリストに載ってしまいます。うっかりミスや短期間の延滞でもそうです。もし身に覚えがあるなら、他に申し込んでも同じ結果になるかもしれませんね。

アイフル以外の消費者金融や信販会社からの借り入れはどれくらいあるのでしょうか。キャッシングでは年収の3分の1を超えて借りることはできませんよ。超えていなくても、多すぎると判断される額を申請するのはよくありません。反対に、借りている額を少なく申告したりはしていませんか? 借入額は調べればわかることです。借りたいがために既にある借入をごまかそうとすれば、嘘をついたと思われて信用されないでしょう。

最近は消費者金融でも審査が厳しくなっています。あまりお金に困っている様子を見せてしまうと、返済能力に不安を抱かれてしまいます。無意識のうちにそういった言動を取っている可能性はありませんか? ストレスが溜まっていると自覚もされていることですし、思い切ってご家族に打ち明けられた方が良いのでは、と思うのですが。

【参考ページ】
融資審査に落ちてしまったその理由とは?

アイフルでの仮審査融資可能の意味について

アイフルでキャッシング・サービスの申請をした時に仮審査融資可能というと場合があります。これは、インターネットや窓口で自己申告した内容から機械的に判断されているもので、正式審査をすると審査が通らないこともありますということです。アイフルに限らず、さまざまな消費者金融や金融機関がキャッシング・サービスを提供していることもあり、どの会社のキャッシング・サービスに申しこめばいいか迷っている方が多いようです。そのため、各社ではだいたいこれくらいは借りられるという指標を出す意味で仮審査を簡単に行っているようです。

仮審査で多いのは、インターネットのWEB上から収入と借入額を入力すると仮の借入可能額が表示されるというものです。この場合、法律での制限である、総収入の3分の1を超えてはならない制限ぎりぎりの借入限度額が表示されるようです。しかし、実際には厳密な審査が行われるので仮審査を鵜呑みにはなかなかできませんが、キャッシング・サービスについて知識がまったくないと言う方には利用してみたいと思ってもらえると考えられています。

キャッシング・サービスの審査はどの会社でも同様に行われているようです。審査は総所得に対する他社含めての借入額が3分の1を超えていないことを確認し、非公開の社内規程で決まっている借入限度額等の設定方法に照らし合わせて審査されるようです。所得の面でも他からの借入状況においても問題がなければ審査は通ることになり、社内規程で定まっている利用限度額の設定を行って申請者に通知されます。
(⇒借り入れにて回避できないルールとは?

アイフルでの仮審査融資可能の情報は自己申告した内容に誤りが無ければ、殆どの場合は本審査でも通る方が多いようですので仮審査とはいえ、通った場合にはキャッシング・サービスの本審査を受けることをオススメします。アイフルのキャッシング・サービスは他社と比べても便利な点が多いので生活にゆとりが生まれるサービスだと大変好評です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.