アイフルで借りるときの注意点を教えて!

キャッシングベスト3

消費者金融のアイフルで借りるときの注意点があれば教えて下さい

信用情報というのが消費者金融で借入れるとき重要らしいです。自分が消費者金融にどれくらい信用されてるかなんてわからないでしょう?だから、アイフルで借りるときの注意点があるなら教えてください。

滞納をしていない事、仕事をしている事、嘘の申告をしない事

そうね~、これはアイフルで借りるときの注意点というか、消費者金融で借りるときの注意点と同じね。借り入れが決まってしまえば、返済はなるべく繰上ながら返済できれば一番いいわ。金利を無駄に支払いたくないでしょ。だから、少しでも余裕ができれば多めに返済するのよ。そして、申し込み時の注意点なら、まあ、過去のことをどうこう言っても仕方がないけど、過去に滞納とか金融事故を起こしてないことが大切なの。だから、将来の自分のために今できることは、今の借入れの滞納をしないことね。(参考ページはこちら→もしも滞納してしまうとどうなる?

それから、転職はあんまりいい印象にはならないわね。転職するってことは、安定収入とは言い難いじゃない?だから、仕事はあまり変わらない方がいいの。だけど限度を超えた仕事なのに我慢する必要はないと思うんだけど、まあこれは、消費者金融を利用するに当たっての注意点だからそのつもりでね。そして、カードローンを申し込む時の申込書、これに嘘を書かないこと。特にアイフルは独自のスコアリングシステムを構築してるから、その人の情報で、だいたいの社会的ポジションなどをはじき出して信用度をはかってる。

極端な内容は、すぐ「ん?」と引っかかるし、お金にまつわることなら、信用情報ですぐばれちゃうわよ。信用情報というのはね、各金融機関がそれぞれの情報を信用情報機関に報告して、消費者の情報を共有するシステムなの。銀行、信用金庫、労働金庫、農協、消費者金融、クレジットカード会社(信販会社)など、金融機関は全部繋がってるから、たとえば銀行で借入れてるのを申告せずに、消費者金融で借り入れ申し込みをしたとすると、他社で借入れてるのに申告をしていないということで、嘘をつく人。として見られるわよね。

そういうのって審査に良い影響は出ないのわかるでしょ。絶対不利になるのよ。年収をごまかしたとしても、そのスコアリングシステムでだいたいのことが把握できてるからこちらも嘘はダメね。総量規制にかかってるときもすぐばれるわよ。銀行は総量規制とは無関係だからいいとしても、消費者金融やクレジットカード会社は、常にその人が総量規制にかかる借り入れになっていないかをチェックしてるのよ。他で借り入れしてるからわからないだろうは通用しない。

だから、何もかも正直に申告することが、審査に通る一番の近道ということ。その場しのぎはダメね。だいたい銀行も総量規制とは関係ないから、借り入れも安心なんて宣伝してるところもあるけど、本当は年収に対しての貸付の割合は決めてるのよ、だから、住宅ローンなんかの大物は別だけど、カードローン程度なら、消費者金融とそう変わりない程度しか貸付けてくれないの。ということはね、個人が返済できる範囲がやっぱり年収の3分の1程度か、それ以下ということなのよ。

もっと借りたいもっと借りたいと思うあなたは本当に生活に必要なお金なの?って自分に聞いてみたらどうかしら?その上で健全な借入れを心がけてもらいたいわ。

アイフルで借りるときは、借り手の事情に合った借り方ができます

初めてキャッシングを利用する場合、今ではインターネットを利用したWebからの申し込みが一般的です。

消費者金融のホームページには申し込み用のフォームがあるので、必要事項を記入してクリックするだけでいいのです。その時に用意しておくものは本人確認ができる免許証、収入を証明する書類です。それらの書類のコピーをファックスで送るか、メールに添付して送信すれば申し込みは完了です。あとは審査結果を待つだけです。
(⇒本人確認書類ってどんな物を用意すべき?

ほとんどの消費者金融はこの手順で進みますが、アイフルで借りるときも同じです。ただし借り入れる予定の金額が50万円以下の場合なら、収入証明書は必要ありません。この点が、アイフルで借りるときに他の消費者金融よりも借りやすくなっているのです。審査結果が出るまで時間がかかる消費者金融も多いのですが、アイフルの場合は最短30分で審査が完了します。急ぎのお金が必要な人にとって、このスピーディな対応はとても助かります。審査に通ればすぐに借り入れの申し込みができますので、その日のうちにお金を手にすることができるのです。

最近のキャッシングは近所のコンビニのATMを使ってお金を出し入れできるので、とても便利です。申し込み時に自分の口座を指定しておけば、借り入れたお金は消費者金融の方で振り込んでくれるのです。アイフルで借りるときは、いくつかの方法があります。

その一つはインターネットやスマホを利用して申し込む方法です。これは24時間手続きができて、即日振込が可能です。二つ目は電話から申し込む方法で、オペレーターが対応してくれます。電話の場合は受付時間によっては翌日の振込となるケースがあります。三つ目はアイフルの店舗での申し込みですが、この場合は不動産担保ローンだけの借り入れに限定されます。四つ目は全国にあるアイフル専用ATMから申し込む方法です。この場合は店舗によって営業時間が異なります。また近所のコンビニのATMからも借り入れをすることができます。

このようにアイフルで借りるときは、個々人に合った利用法が選択できるようになっています。

【参考ページ】
アイフルの借り入れをもっと上手く使うには

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.