アイフルの借入限度額を下げる事はできますでしょうか?

アイフルの借入限度額を下げる事は、できますのでしょうか?

上げるならともかく下げるの?と聞かれそうですが、間違いではありません。お恥ずかしい話ですが、つい先日子供に勝手にカードを使ってお金を引き出されてしまっていて、しかも限度額まで引かれていて、本当に大慌てでした。幸い全額使う前という事で八割くらいは返済できたし、子供もしっかりと反省したみたいなので被害はさほどでもありませんでした。それに、カードローンの限度額について考える機会でもありました。

やはり、普段そこまで使わない私のような人間は、最低限の限度額でも問題無い事を悟りました。なので限度額をギリギリまで下げて、不正利用に対策しようと思います。子供にはもう使われないと思いますが、やっぱり落としたりするかもしれませんしね…上げるではなく下げる事もできるのか、教えてもらえますか?

限度額は下げる事にも対応しています

他人に不正利用されるのも怖いですが、身内でも魔が差して利用される事はありますからね…しかも自分の子供となると、その心中も複雑だと思います。カードローンの利用限度額が多い方がより都合が良いのですが、こうした事があった以上、多めの限度額をお勧めするのもナンセンスですね。

アイフルの場合というかカードローンの場合にまで広がるのですが、限度額を上げるだけでは無くて、下げる事も可能になっています。上げる場合を希望する人が多いために金融業者の公式サイトにも増額についてしか書かれていない事が多いのですが、下げる機能についても、もっと広く知られるべきかもしれませんね。
(⇒カードローンを増額する場合はこちら

下げる方法というのは難しく無く、金融業者に下げたい旨を伝えるだけです。上げる場合は審査なども発生しますが、今使っている限度額以下に設定するというのなら、審査が無いのが普通でしょう。限度額を下げる事で万が一の不正利用に対策できるというのも事実ですので、やってみて下さい。
(⇒融資限度額を増額する際の審査ってどんなの?

また、一度下げた限度額を元に戻す、というのもおそらくは簡単です。限度額と極度額に融資枠は分かれていますが、極度額まで限度額を戻す場合、すでに有している枠という事で審査も同じく無いはずです。つまり極度額内なら簡単に融通を利かせる事ができますので、上げ下げに関しては連絡一つというところでしょう。

限度額をいくらまで下げれば良いのか分からないというのなら、段階的に下げていく方が良いかもしれない、と最後にアドバイスを送っておきますね。

アイフル借入限度額の設定するための方法について

アイフルはキャッシング・サービスを提供している消費者金融ですが、古くからあることもあり、さまざまな職業の方が利用できるキャッシング・サービスとして好評です。しかし、審査は通ったが、借入限度額が少なかったと感じる方と、思った以上の借入限度額が高かったと思う方がいるようですが、アイフル借入限度額の決定方法については非公開の社内規程で決まっているようなのではっきりしません。しかし、複数の方のインターネット上での書き込みや周りの評判などを勘案すると限度額の決定に左右することが分かってきています。

利用限度額を決める前にキャッシング・サービスを利用できるかどうかは、収入と他からの借入状況によります。収入については、以前はサラリーマンなど月給で安定した給料がないと審査が通りづらいと考えられていましたが、現在では、月給ではなくとも年収で一定の収入があれば審査には問題無いと考えられています。また、収入よりも厳しくチェックされるのが他からの借入状況のようです。
(⇒今は非正規でも働いていれば簡単にお金を借りられます

借入状況は自己申告した情報と、金融機関や消費者金融が共同で管理運営している情報管理会社に蓄積された個人の借り入れ情報を元に審査が行われるようです。その際、借り入れの額面によっては法律で定める収入の3分の1以上の現金を貸してはならないという制限によって審査が通らない場合も少なくありません。法律での制限に触れていない場合には、利用限度額の設定となりますが、新規顧客の場合と増額申請とで審査の仕方が変わってくるようです。
(⇒借り入れの審査で大事な事って何?

新規顧客の場合は、借入状況や収入が問題がなくても、同社の他のサービスの利用実績がなければ一律いくらという利用限度額の初期値が決まっている場合も多いようです。収入の割に借入限度額が低いと思われる場合は借入状況を確認して問題がないようであれば、通常、半年から1年で自動的に借入限度額がアップすることが多いようですが、急ぎで利用したい場合には、増額申請をすれば審査で借入限度額がアップすることも多いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.