借り入れ申し込み、アイフルと銀行どちらが便利?

近々親戚に不幸がありそうで悩んでいます。うちの実家は遠方なため、帰省するにも交通費がかかって大変です。年2回帰省するために計画的に貯金をしているくらいです。今回は急なことで、その余裕もありません。そこでお金を借りたいのですが、借りるならアイフルと銀行とどちらが便利でしょうか? 借りること自体初めてです。違いなどもよくわかりませんので、初心者向けの簡単な説明をお願いします。

銀行は低金利、利用しやすいのはアイフル

簡単に言うと、低金利なのが銀行、借りやすいのがアイフル、でしょうか。銀行の金利はさまざまですが、だいたい高くても15%です。対してアイフルは18%です。3%と聞くと、住宅ローンなどでは大きな違いですが、借りる額が少なければそれほどの差にはなりません。単純に言って、10万円の3%は3000円です。10万円を1年間借りたら利息にそれくらいの差がある、とイメージなさってください。それほど大きな違いとは感じられないのではないでしょうか。

もちろん、金利は低い方が良いに決まっています。消費者金融より銀行の方が印象が良い、というのもあるでしょう。ですが、契約できなくては話になりません。審査の厳しさ、という意味ではなく、平日にお勤めの方が銀行に行きやすいか、という意味です。銀行の営業時間というのは、だいたい会社の時間と被っていますよね。週末に開いている銀行というのも少数です。銀行に行きやすい方なら契約もできるでしょうが、行けない方はどうにもなりません。

その点、消費者金融なら土日祝日でもやっています。夜も9時頃まで開いていますから、会社帰りに立ち寄ることもできます。借入や返済も全国のコンビニATMが使えます。つまり、消費者金融は金利が高い分、利用しやすいんです。加えてアイフルでしたら、10万円以下専用の手軽なキャッシングプランがありますよ。見比べてゆっくり悩んでいる時間もないのでしたら、借りやすいアイフルの方がおすすめかもしれません。

アイフルと銀行からの借り入れの違いについて

アイフルでお金を借りる場合でも銀行からお金を借りる場合でも利用者にとっては同じお金なので違わないと思われる方が多いようですが、いくつかの点で異なる借入の方法です。銀行から現金を借りる場合は一般的に融資と言われ、収入や他からの借り入れの情報の他に、担保となる土地や建物を要求され、審査もキャッシング・サービスに比べて厳しく、時間がかかると言われています。また、審査が通った際に、一括で借入希望額を借りるのも特徴の一つで、返済についても分割が基本となり、一部繰り上げ返済はできず、繰り上げ返済は残債の一括返済が基本となっています。

それに対して、アイフルなど消費者金融がや一部金融機関が提供しているキャッシング・サービスは、基本的に担保を取らず、収入と他からの借り入れ状況によって審査が行われます。そのため、融資よりも若干ではありますが審査が通りやすいと言われています。また、審査によって借入限度額が設定されますが、審査が通ってもすぐに借りる必要はありません。また、返済についても、リボルビング払いを選択することで一部繰り上げ返済ができるなどの違いがあります。
(⇒アイフルの審査の通りやすさについて

銀行の融資については、利用目的がはっきりしている場合に利用する場合が多いようです。それに対し、キャッシング・サービスは、入院や葬儀など、緊急時に利用するために予備の財布として契約だけしておく場合や、普段の財布代わりに利用して、翌月に返済してしまうなど、ライフスタイルに合わせて利用方法を選んで居る方が多いようです。(参考ページはこちら→借り入れの使い方ってどんな感じ?

法律でキャッシング・サービスは制限されていますが、融資については、法律での制限に当てはまらないとされています。いくつかのローンをまとめるため、銀行から融資を受けるおまとめローンなどは生活を立て直すために有効な手段として注目されています。銀行からの借り入れである融資と普段の財布として利用しやすいキャッシングサービスをバランスよく利用する方が増えています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.