アイフルから借り入れる際に必要なものは?

キャッシングベスト3

アイフルからお金を借りるときに必要なものは?

入社三年目のサラリーマンです。社会人になってしみじみと実感していることは、お金の管理は本当に難しいということでしょうか。別に無駄遣いをしているわけではないのです。お金が無い=無駄遣いをしているという考えは間違いで、実際のところ、僕の周りにも積極的に無駄遣いをしている人なんていないように思います。どうしてお金の管理が難しいのかといえば、根本的にお給料が少ないからです。これはもう、世の中全体が不景気なのでどうしようもありません。

まだそういう機会はないのですが、ひょっとしたら今後、私自身も消費者金融というもののお世話に成るかもしれません。その時に備え、キャッシングの手順くらいは最低限、しっかりと押さえておきたいと思います。

アイフルからお金を借りるときに必要な物は、具体的にどういったものでしょうか?どなたかお詳しい方、教えてください。

免許所などの身分証明書、および収入の証明書類が必要です

アイフルからの借り入れを受ける際、必ず必要になるのが免許所などの身分証明書です。収入の証明書類も求められる場合がありますが、それは希望の借入額が大きくなる場合のみです。審査の流れの中で、個人によって必要なものが変わってきますが、大まかなところは変わりありません。スタッフの指示に従ってください。
(⇒融資で収入証明が必要になる場合

アイフルからお金を借りる際に、難しい条件は特に考えなくても大丈夫です。例えば、主婦として家庭に入っておられる方であっても、パートやアルバイトとして働く収入が定期的にあるなら、ごく普通にアイフルを利用することができます

「アイフル」でお金を借りるとき必要な物と注意点

消費者金融会社「アイフル」でお金を借りたいとき、どんな書類が必要かあなたは知っていますか。テレビCMや広告では、「簡単」や「即日借りれる」などのキーワードが目につきますが、実際に借りるとき必要な物はどうなっているか知らない人も多いと思います。

まず、申し込みに必要となる物は「本人確認書類」です。具体的に本人確認書類とは、運転免許証やパスポートとなります。運転免許や海外に行った事が無いため、パスポートを所持していない場合は、保険証や住民基本台帳カード、公的証明書類でも申し込み可能です。日本国籍を持たない外国人の場合は、外国人登録証明証や特別永住者証明証でも可能となっています。しかし、本人確認書類に記載されている住所や氏名が、現在の物と異なっている場合は注意が必要で、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書が必要となります。

また、これ以外にも利用限度額や審査の状況により収入証明書が必要となる場合があります。収入証明書類とは、源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書や所得証明書の事を指します。これらの証明書が手元にない場合は、給与明細書でも可能です。これらの、収入証明書の最新のもののコピーを提出しますが、給与明細書を提出する場合は直近2か月分を提出します。しかし、給与明細書に住民税の記載がある場合は、直近1か月分で可能な場合もあります。

パートやアルバイトでも、収入を証明する書類が存在すれば申し込みする事が可能で、主婦でも専業でなければ申し込みが可能です。これらの職業でお金を借りる事ができるか不安な場合、アイフルのホームページ上で年齢や雇用形態、年収と他社からの借入金額を入力するだけで、融資可能か1秒で判定できるシステムがあります。

これらの書類を提出し申し込みが完了したら、即日融資可能かの審査が行われ、可能であれば当日振込み融資が行われます。しかし、時間帯によって翌日になる場合があるので、すぐにお金が必要な人は注意しなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.