アイフルとアコム、どちらが信用できる?

キャッシングベスト3

アイフルとアコムなら、どちらが信用できますか?

お金を消費者金融で借りたいと思ってるんですが、アイフルとアコムで迷ってます。どっちも優しい感じのCMしてるからそのどちらかで申込むつもりなんですよ。しかも私のラッキーカラーが赤だから、どっちも赤い印象でしょ?どっちもいいと思うんだけど、アイフルとアコムなら、どっちが信用できますか?

どちらも大手消費者金融ですから、どちらも信用できます

アコムは三菱東京UFJファイナンシャル・グループには行った消費者金融です。アイフルは消費者金融がどんどん銀行と提携していく中、独自路線を貫いている生粋の消費者金融です。どちらも大手消費者金融で顧客を多く抱える業者ですね。アコムは2014年にマスターカードがライセンスを与えた唯一の消費者金融として、アコムマスターカードを発行しました。借入れとクレジットカードが一体となっているので、業界初で頭ひとつ抜き出た感じがしました。(参考ページはこちら→クレジットカードと消費者金融の関係

しかしアイフルはアコムの金利を下回っていて、銀行並みのカラ(~)金利を設定しています。今の時代、クレジットカードを持っていない人はいないといわれるほど社会に浸透しているので、アコムマスターは必要ないといわれる人には魅力にならないようです。しかしアコムは、初回限定無金利キャンペーンをやっている時期があるため、その時期の集客力大きいものだと思います。消費者金融はどこも一長一短ですから、何を一番に優先したいかで考えるのがいいでしょう。

アイフル側は、提出書類ナシ身分証明書だけという初回限定の「わんポチッと。」という商品を出しています。10万円の限度額ですが、呑み代やコンパ代、デート代を作る程度なら簡単にカードもできてとても便利な商品ですね。顧客は「わんポチッと。」で返済実績を積み、その後、一般のカードローンに乗り換えるという手段を取る人もいるようで、急いでいる若者に人気ですね。
(⇒通常お金を借りる為に欠かせない書類について

アコムの無金利0キャンペーンを狙いたい方はアコムがいいでしょう。アイフルの即融資の「わんポチッと。」や最低金利を狙うならアイフルがいいでしょう。会社はどちらも現在安定しています。社会的信用はどちらも別の意味から信頼されています。アコムは、三菱東京UFJファイナンシャル・グループとしての信用。アイフルは子会社の売却や買収などの歴史がありますが、独自で這い上がって来たど根性があります。

独自といえば、アイフルは独自のスコアリングシステムを構築していますね。顧客のさまざまな情報をポイント制にして与信を行うシステムです。独自で動き独自で考えるアイフルがわたしは好きですが、ちょうどキャンペーンに当たるのなら、アコムも悩みますね。

アイフルとアコムならどちらのサービスを選ぶのか

キャッシングは融資のスピードも早く、急いでいるときにもすぐに対応することができますが、特に消費者金融のサービスは対応が早いことで知られています。そして消費者金融も実に多くの業者が存在しますが、初めて利用する方の場合は、まずは大手の業者を選んでおくと安心と言えるでしょう。

大手の消費者金融もいくつかの業者がありますが、特にアイフルやアコムはテレビCMでもおなじみの存在で、消費者金融でも特に有名となっています。テレビCMなどの影響もあり、親しみやすいイメージもありますが、アイフルとアコムならどちらを選ぶか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずはそれぞれの特徴をよく調べておきましょう。

アイフルの場合は融資限度額は1000円~最大500万円までとなっており、アコムは10000円から融資が行われ、こちらも最大500万円までの融資です。消費者金融ですので、総量規制があり、借りられるのは年収の3分の1までとなっていることを理解しておきましょう。そして、金利についてはアイフルは4.5%~18.0%、アコムの場合は4.7%~18.0%です。

申し込み方法についても知っておきたいですが、アイフルは貸付対象者は満20歳以上で定期的な収入のある方、70歳になった時点で融資が停止されます。アコムのほうは満20歳以上で安定した収入のある方です。どちらも担保や保証人は必要ありません。

申し込み方法は来店はもちろん、どちらも電話やインターネットにも対応しており、来店せずとも申し込み手続きが可能です。アコムのほうは無人契約機が用意されており、その場でカードを受け取ることも可能です。アコムではクレジット機能もついているアコムマスターカードも用意されており、急いでクレジットカードを作りたい場合にもとても便利です。どちらも最短30分で審査回答を得ることができ、即日にも融資が可能です。サービス内容なそれぞれ違いがありますので、申し込み前は公式サイトなどでよく確認し、それぞれに合った業者を選びましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.