銀行と比較したときのアイフルのメリットは

100万円ほど借りられるところを探しています。いつも使っている銀行かネット銀行に申し込もうと思っているのですが、どうも緊張してしまってできません。消費者金融の方が借りやすいだろうかと考え、アイフルとも迷っています。アイフルと銀行を比較すると、それぞれどんなメリットやデメリットがあるでしょうか?簡単に教えてください。

銀行とアイフルとでは金利と使い勝手に違いがあります

銀行の一番のメリットは金利でしょうね。100万円未満の借入でも10%くらいが多いようです。デメリットは、使い勝手ではないでしょうか。一部の有名銀行では来店不要で契約できますが、ほとんどの銀行では来店しての契約がふつうです。お仕事で平日の営業時間内には行けない、という方も多いでしょう。土日や祝日もやっていないことが多いはずです。また借入や返済も、全国のコンビニATMが使える、とは限りません。

アイフルのメリットとデメリットはその反対です。つまり、金利は高いですが、使い勝手が優れています。店舗はだいたい夜9時まで土日祝でもやっていますし、ネットからでも契約できます。それと高所得者向けのプランもありますよ。貸出額が100万円から500万円で、金利は最大でも9.5%です。このプランなら銀行並みの低金利と言えますね。申し込み条件を満たしているのであれば、通常のプランよりこちらをおすすめします。

もう一点、銀行と消費者金融を比較したときに、収入証明書類の提出に関して違いがあります。消費者金融では50万円以上借りる場合には収入証明書類の提出が必須になります。これは前年分の源泉徴収票などです。会社員の方でしたら、前年末にもらってご自宅に取っておかれているのではないでしょうか。銀行ではこの提出に関して基準が緩やかで、100万円を超える場合でも必要ないかもしれません。ちょっとの手間ですが、そういった違いがあります。

【参考ページ】
低金利で借りるならやっぱり銀行?

アイフルならサイト内でプランの比較も出来るのです

色々な会社がカードローンを提供していますが、中でもアイフルのカードローンには様々なメリットがあります。カードローン自体がそもそも利便性が高いという特徴がありますが、それをより一層伸ばす為の様々なサービスがあります。

担保も保証人も不必要な為、自分だけで利用できる
即日の融資が可能
・利用の目的が自由なので、自分の采配次第で利用用途を決められる
何度でも借りることができる
・借りたり返済したりを繰り返す事ができる

アイフルのカードローンには他にもメリットがありますが、こうした条件が整っていると、初めて利用する人であっても、また金銭的に困窮している人にも活用することが出来るシステムであると言えるでしょう。

担保と保証人が不要であれば、経済的な余裕がない場合や身内に頼ることが出来ない場合でも簡単に申し込みをすることが出来ます。また限度額内で何度も引き出す事が出来るので、長期にわたって利用したり、短期間の旅行などでも活用することができます。

また公式サイトを見てみると「1秒診断」や「近くのATM検索」などを活用することが出来ます。「1秒診断」は自分の収入や雇用形態を入力するだけでカードローンを利用できるかどうかが判断できます。あくまで目安ではあるものの、1つの基準としてみることが出来ます。

「近くのATM検索」は、自分の現在地から近くにあるATMなどを調べることができるシステムです。と言っても、ATMは全てアイフルと提携しているものなので、カードを使ってお金を引き出す事が出来る・返済することが出来るATMを絞って検索することが出来ます。

また金利を比較する為の表なども用意されています。実際に金額を提示して、プランによって支払う金利額がどのように変化するかを比較している為、現実的な検討には最適です。

アイフルには利用する人の立場に立ったプランなどが数多く用意されているのです。活用するにはぴったりと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.