アイフルのカードを確実に増額するには?

キャッシングベスト3

アイフルのカードを確実に増枠するには何をすれば良いです?

出来るだけ確実に、アイフルのカードを増枠したいのです。

私は今、アイフルのカードローンを所有しています。このカードはコンビニでも借りる事ができるので便利なのですが、今の唯一の欠点がその限度額です。限度額が10万しかない為に、本当に最低限の用途にしか使えません。ちょっと高い物の購入に充てるとすぐに限度額に到達してしまい、何か大きな事をするには明らかに足りません。すぐに何かをするつもりは無いのですが、カードローンは備えとして十分じゃないといけませんよね?

アイフルのカードは増枠可能という事でそれを行うつもりですが、この増枠も絶対に認めてくれるわけではない、と聞きました。増枠に失敗してしまうとしばらくはまた増枠が出来なくなると聞いているので、出来ればこの機会を無駄にはしたくありません。アイフルのカードを確実に増枠するために、何をすれば良いのか教えて下さい!

確実にしたいならやはり利用実績です

アイフルのカードを増枠したい気持ち、分かります。たくさんある方がやっぱりカードローンとしては使いやすいですし、私も持っているカードの増枠に一度失敗しましたが、二回目は何とか認めてもらって増えました。その時の事を書いていきます。

まず一回目ですが、これは作ってから一年目で申請しました。その一年間の間は全くカードを使っていなくて、そもそも限度額が低いから使えない…と思って先に増やそうとしました。でもその時は落ちてしまって、ちょっとだけ凹みました。でも、なんで落ちたのかを調べたら、納得しました。

カードローンの増枠って、そもそもカードローンを使う人じゃないと意味が無いです。だから、私みたいにカードローンを使ってもいないのに増枠しようとしても、使った事が無いから返済できるかどうかも分からないみたいで、すんなり増額してくれるわけにはいかなかったみたいなのです。

それで二回目の申請までに、何度か利用する機会があって、それで遅れずに返済してから申し込みをしました。すると、今回は無事に審査に通過できて、おかげで今のカードは十分な限度額があります。金利も下がりましたし、アイフル様々です。

だから、質問者さんもまずはカードローンを利用して、それできちんと返済できてから申し込んでみて下さい。たくさん借りてそれをきっちり返せたなら、むしろ向こうから増枠のお誘いが来る事もあるみたいです。必要な時はじゃんじゃん使っていって下さいね。

【参考ページ】
アイフルの増額をする為に必要な事一覧

アイフルカードの利用限度額を増枠するには

キャッシングカードには、利用限度額が定められており、その上限を超えて借り入れることが出来ないのが一般的です。例えば利用限度額が100万円に設定されている場合には、カード利用者は借入れ合計額が100万円を超える借入れは行えないようになっているのです。利用限度額が設定されていないカードというのは、ブラックカードなどのごく一部のハイステータスカードのみであり、それ以外のカードには殆ど利用限度額が設けられています。アイフルが運営しているキャッシングカードもその例外ではありません。
(⇒限度額までなら何度でもアイフルは利用できます

キャッシングカードの利用限度額は、カード会社が利用者個々人の信用力の高さに応じて決定します。決定権はカード会社側にありますので、例えばカード会社が50万円と利用限度額を決定すれば、利用者側はそれに従わざるを得ないのです。カード会社の審査基準は業者によってバラバラですが、一般的には安定的な収入があり、かつ年収が高ければ高いほど信用力が高いと判断されて利用限度額が高くなる傾向があり、逆に職に就いていなかったり、就いていても年収が低いような場合には利用限度額は低く設定される傾向があります。

しかし、一度カード会社によって決定されても、カード利用者側から利用限度額の見直しを要求する事は可能であり、アイフルもそうした再審査請求を受け付けています。(参考ページはこちら→後からもっとアイフルから借りたい場合

アイフルカードの利用限度枠を増枠するには、カード利用者がカード会社に利用限度額の再審査請求を行う事から始まります。そして利用限度額を増枠するには、前回審査が行われた時よりも、カード利用者の信用力が高まった事を証明する資料を提出する必要があります。具体的には、前回提出したものよりも高い年収を証明する源泉徴収票であったり、正社員である事を証明する雇用証明書などです。この点、アルバイトなどを掛け持ちしているような人は、アルバイト先の源泉徴収票を全て合算した資料または市町村が発行する収入証明書を送付すると増枠されやすくなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.