他社から借入するよりアイフル追加融資希望

キャッシングベスト3

他社から借入するより、アイフル追加融資を希望、可能ですか?

アイフルを利用中なのですが、限度額に達しています。知り合いに相談すると、次のカードローン会社に申し込んだら簡単に貸してくれるよといわれましたが、カードを増やしたくないのと、できれば一社で済ませたいという気持ちがあります。他社で借入を新たにするより、アイフルで増額してもらうことは可能でしょうか

条件が合えば増額は可能です

今使ってるカードローンの限度額が来ても、新しい消費者金融に申込むのって嫌だよね~、自分は多重債務者みたいで嫌だったんですよ。今のカードローンで増額ができるかどうかは、いくつか条件があって、一番は増額してもらっても、その金額は総量規制の範囲内かどうかってこと。これが一番大事だよね、どんなに優良な顧客でも消費者金融も年収の3分の1を超えて貸付けたら処罰されるからそこが一番。そして、借入れる本人に今まで滞納がないか?ということ。それから返済能力があるかだね。

本人が返済もちゃんとしてて、総量規制の範囲内なら、消費者金融側だって借りてもらいたいはずだよ、だからまずは他社に行くより、増額申請してみた方が賢明だと思うね。だけど、今のカードローンを利用して、最低半年は経ってないと増額は難しいんじゃないかな。まだ実績がないからね、契約して半年ほどで延滞なんかがあれば増額の見込みは無いよ。安全圏は契約してから1年程経ってる方が理想だけ自分は思ってるんだ。
(⇒増額の見込みってどこで見るの?

複数社で借入れをすると、ホント、カードも増えるし、返済日も月に2回になる、信用情報機関にも2社での借入れという情報が残る等良いことはないと思うんだよね~。それで、額にもよるけど借入金額が増えると金利が下がる可能性もあるよね、その場合はお得感があるけど、金利に関係のない範囲での増額の場合、月々の返済額を増やしておいた方が安心ですよね。最近はどの消費者金融もリボルビング返済方式を取ってるところが多いからなおさらね。

リボルビングにもいろいろあるけど、それらを全部検証して明らかにするのは大変だよ、計算方法がごちゃごちゃしてるから。めんどくさいのが嫌な自分だからかもしれないけど、これでも何度かは計算方法を把握しようと頑張ったんだけど、総じて繰上返済や追加返済をしていくのが一番よくて「無駄な金利を払わなくて済む」という結論が出ました。おまとめローンをする人のほとんどが、借入増額が減るという理由と、返済会社が一社で済むというストレスのなさです。

だったら二社で借りるより一社で借入れる方が良いのは当然。そして少し余裕ができたらどんどん返済するのが一番です。返済実績と半年以上が経過してたら、増額申請してみてください!

たくさんあるアイフル追加融資の方法について

アイフルでキャッシングカードを利用するメリットは、その利便性にあります。アイフル追加融資ひとつをとっても利用者にとって、さまざまな状況に応じて対応できるように借り入れの方法も多岐に渡っています。

追加融資というのは、融資余裕額の範囲内で、例えば30万円の限度額の中で25万円借りた、残りは何かあった時にとっておく、でもやっぱり必要になった、このとき30万円の限度額の中の25万円借り入れしていますので、残りの融資余裕額は5万円になります。5万円までが追加借り入れ可能な金額になります。
(⇒追加で何度でもお金を借りる方法

普通借り入れ契約というと、一度お金を借りたら追加で借り入れをするには再度契約書を交わさなければなりません。何回も追加借り入れをすると、その都度契約書を作成しなければならないので事務手続きに手間がかかります。しかし、アイフルのカードローンは包括契約という契約となっており、この契約は限度額の範囲内であれば繰り返し融資が受けられる契約になります。そのため追加借り入れのために契約書を何回も作成する必要がなく、自由にいつでも融資を受けることができます。非常に便利な契約形態になっています。追加借り入れの方法ですが、アイフルATMを利用しての融資が一番利用されている方法です。

次いで提携先ATMになります。提携先ATMとは、アイフルと提携している全国の金融機関やコンビニエンスストアのATMでもアイフルのキャッシングカードを利用することができて、融資や返済をすることができます。非常に便利なのですが、提携先ATMを利用すると手数料がかかります。追加融資した時は次回の返済の時に、通常の返済金額にプラス手数料を加えた金額は支払金額いになります。アイフルATMを利用するのであれば手数料は一切かからず土日も手数料がかからず利用することができます。

来店するのが面倒であれば、銀行振り込みで融資をしてくれます。14時までの依頼であれば当日融資してもらえます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.