アイフルで自己破産した場合、保証人は?

キャッシングベスト3

アイフルで自己破産した場合、保証人の扱いは?

入社三年目の社会人です。消費者金融からキャッシングを受けること自体は、悪いことでもなんでもないと思うのですが、一方で少し怖いなと感じるのは、自己破産の問題です。つまり、借りたお金が返せなくなった状況ですよね。(参考ページはこちら→お金が返せなくなるとどうなる?

映画などの見過ぎといわれるかもしれませんが、消費者金融空の借り入れについては、保証人の存在がつきものだというイメージが私の頭にはあります。私自身はこれまで、消費者金融からのキャッシングを経験したことが無いので、自己破産をした際の保証人の扱いというのが、正直なところよく分からないのです。

アイフルで自己破産した場合、保証人の扱いは?

アイフルでキャッシングを行う際、保証人は不要です

アイフルでキャッシングを行う際の特徴ともいえるのですが、基本的に、保証人とか担保とか、そういった類のものは一切不要です。だから、お金を借りて返すというその一連の流れは全て利用者の自己責任ということになるわけですが、仮に、アイフルからの借り入れがある状態で自己破産した場合、債務整理というものを行わなければなりません。

アイフルのスタッフはプロですから、そういったトラブルに際しても適切な対応を取ってくれます。しかしながら、法律の世界にはさらなるプロがいるため、債務整理のプロ(弁護士など)に相談してください、というアドバイスも受けることになるでしょう。
(⇒アイフルは安全に最後まで使えます

基本的に、自己破産をしなければならない状況、例えば多重債務や収入の不足といった状況では、アイフルの審査をパスすることが難しいため、アイフルからの借金がある状態で自己破産するというのは、よほど切羽詰まった状況であると考えられます。
(⇒アイフルの審査に落ちてしまう条件

繰り返しますが、アイフルからの借り入れ受ける際に、保証人や担保の類は一切必要ではありません。それゆえ、借りたお金を返すのは全て自己責任ということになります。落ち着いて、適切なアドバイスを聞き入れて対処してください。

自己破産した場合のアイフルの利用と保証人の用意

消費者金融は迅速な対応が魅力となっていますが、初めて利用する方の場合は、どのような手続きが必要なのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お金を借りるとなると保証人が必要な場合もありますが、そうした人を見つけるのは簡単なことではありません。消費者金融でもそうした準備が必要なのかということとなりますが、消費者金融の場合は原則として、保証人や担保は必要ありません。

アイフルは大手消費者金融として知られていますが、アイフルを利用する場合もやはり保証人は必要なく、本人の信頼で手続きが可能です。まず、成人の方で安定した収入があれば利用できますが、やはり審査は必要です。審査では本人であることが確認されますし、現在の収入や勤務状態なども確認されます。定期的な収入があれば利用できることが多くなっていますが、そのほかにも現在の借入状況をチェックされますし、過去に不払いや延滞を起こしていないかも審査の対象となります。(参考ページはこちら→アイフルの審査基準は複雑?

そこで気になるのは過去に自己破産などで債務整理をしている場合です。まず、破産直後であれば、お金を貸してくれる業者はほぼないと言えるでしょう。信用情報にそうした情報が掲載されていますので、記録が残っている場合は融資は難しくなります。そして自己破産をしている場合でも、すでに何年も経っている、現在の借入状況に問題がない、安定した収入が得られているという場合は、借入が利用できる場合もあります。

アイフルに申し込む場合は来店の手間がなく、インターネットからも利用が申し込みが可能ですので、まずは融資が可能かどうか調べてみると良いでしょう。インターネットなら専用のフォームから必要事項を入力するだけですので、手続きも簡単ですし、審査も迅速に対応してくれますので、早ければ30分程度で回答が行われます。審査の結果はメールや電話で知らせてもらうことができ、融資が可能となると本手続きを進めていくこととなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.