グラミン銀行ってサラ金のようなシステム?

キャッシングベスト3

グラミン銀行ってサラ金的な考えが元になってるの?

バングラデシュのグラミン銀行ってサラ金みたいなものなのかな?バングラデシュの事はよくわかってないけど、金利をつけてお金を貸すと言うのは、サラ金みたいな気がしてなりません。実際の所どんな感じなのでしょか?

グラミン銀行はサラ金のようなシステムと言っても良いでしょう

貧しい人たちを救う制作の一つとして出来たシステムに、グラミン銀行があります。グラミン銀行は、貧しい人たちを救うために出来たものですが、慈善事業と言う訳では無いので、利益を取らない訳にはいかないですよね。金利と言う形で、利益を取る事を行ってるグラミン銀行ですが、システムで言うとサラ金のようなシステムと言う事になります。

お金がなさすぎると、どうしてもそこから動けなくなり、ずっとそのままと言う人たちがとても多くなってしまいますよね。お金を貸す事によって貧しい人たちが何かしらできればと言う感じで作られたのが、グラミン銀行のシステムと言えます。グラミン銀行のシステムは、サラ金のシステムとよく似てて、金利を付けてお金を貸す事によって、会社側は金利で儲け、そして借りた側は、そのお金で生活を立て直し、金利を付けて返すと言う事になってます。まさにサラ金のシステムですね。

バングラデシュなどの貧しい国では、貧しい人たちは本当に貧しく、明日の暮らしも困る程です。そういう人たちを救う為に出来たシステムで、画期的に動いてるシステムであると言えるでしょう。そういうシステムが出来た事により、新しい何かを始める事が出来た人もいるので、経済がまわるようになり、活性化の役に経つシステムになったと言えるでしょう。

グラミン銀行ってどんな銀行?サラ金並の高金利で貸し付ける理由とは

グラミン銀行をご存知でしょうか?グラミン銀行は、バングラデシュの首都ダッカに本部をおく民間銀行で、サラリーマン金融(サラ金)ではありません。ただし、金利はサラ金並といえるほどの高金利。

公式ホームページを見るとすべて外国語。マイクロクレジットとは、自分とその家族の収入、非常に貧しい人々に対して行う小口融資のことで、特徴は、貧しい家族、特に貧しい女性をターゲットにしているところでしょうか。女性は子供を産み育てることができます。子供を教育するためにはお金が必要ですよね。充分な教育を受けた子供は収入を得ることもできます。繰り返される貧困状態を支援することを目的にしています。

面白いのは、無担保で貸付するのに5人の互助グループを作り、1人の借金に対して4人がそれぞれの責任を追うというシステム。女性を中心に500万人ものの人に融資してきて、返済回収率は98%と高く、貸し倒れは2%。高い金利が設定されているからこそ、懸命に働き、最終的に家族への幸せに繋がる。ホームページでよく見られる「信用」を基本としているのが理解できます。信用がなければ連帯責任なんておえませんよね。

2006年にムハマド・ユヌス博士と共にノーベル平和賞を授与しました。ユヌス博士は、グラミン銀行の創設者でありチッタゴン大学の経済学者で、マイクロクレジットの創始者です。また、ユヌス氏の活躍は日本の高校の教科書でも採用されていたりします。

日本でもマイクロクレジットが採用されれば、貧困な人の援助ができるのではないか?と思います。バングラデシュのようにはいかなくても、貧困の連鎖がどこかで食い止められることを願うばかりです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.