アイフルの利率は毎年推移してるって本当?

キャッシングベスト3

アイフルの利率は毎年推移していると聞きますが、その事実は?

アイフルの利率って、毎年推移してるって聞くんですよね、推移ってことは、下がるときもあるってことでしょ?もしかして常に上がる方?下がる方もある?何を基準に推移するの?

利率の推移は景気、改正賃金法から、そんなに激しく変動はしない

改正賃金業法制定前は、高い利率である意味金融業者の自由でした。信用情報も共有されていませんでしたしね。ですが、2010年からは上限金利の引き下げがあり、その範囲内で推移する程度なので、変動したとしてもとても緩やかです。今でも少しずつですけど下がっているようです。これからの景気の様子で、上がることはあまり考えられないですね。利率の一番の推移と言えば業者によって金利は自由に決めることができた頃から比べると大きく推移したと言えます。

現在アイフルで融資を受ける人は引き下げられた上限金利なのでかなり利用しやすいはずです。しかし、2010年以前の契約の人は、高い金利で契約していたので返済も大変だったのではないでしょうか。行き過ぎた利率を消費者が返還請求をするのが過払い金請求です。当時の利率から比べると、現在のアイフルの利率は、4.5%~18.0%ですので、ずいぶん推移したといえます。法定金利は10万円未満で金利は20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%と決まっています。

しかし、アイフルは10万円以下の場合18%となっているので、法定金利より低く、利用しやすい消費者金融ということですね。返済方法も約定日制と35日サイクル制があって、約定日制は毎月決まった日を指定して返済します。35日サイクル制は、借入から35日後に返済する方法です。消費者のライフスタイルや借入れる金額によって、得な方を選べるということです。この二つの具体的な差は、金利が少なくて済むのが、銀行引き落としの場合でサイクル制となります。
(⇒アイフルの返済方式について解説

少し余裕があるときに繰上返済や追加返済をATMからすると金利が少なくなるのが約定日制で、月々の返済が苦しい時は約定日制にすると返済額が低くなるということです。借入れをするときに、毎月の返済できる額をシュミレーションし、借入額と毎月の返済可能額、完済日等を計画して、自分にとってはどちらが得か?などを考えると何年も経ってからかなり損したー!なんて事にならないかもしれません。

どちらにしても、少し余裕がある月は余分に返済していく方が金利もその日数分発生しないのでかなり得になりますよね。一番心配なのは、借りっぱなしで返済完了や借入残高のことを何も考えず、そのまま延々と返済し続けることです。借り入れた金額によっては、金利が思わぬかかっていることもありますから、自分で理解して早めの完済を目指すことが、次の融資にも繋がることということです。

アイフルの法律の改定による上限利率の推移について

アイフルでは他のキャッシングサービスと同じように法律の改定で上限利率のは推移しています。以前であればグレーゾーン金利と呼ばれる合法的な金利の基準が設定されていました。これは金利に関して2つの法律があり互いに規定が違っていたということが大きな混乱を生みました。

グレーゾーン金利というものは、この2つの法律で定められている金利幅のことです。矛盾しているにも関わらず長年放置してきた結果過払い金というとても大きな問題に発展しました。つまりグレーゾーン金利と呼ばれていたものが実は違法な金利だったと改正されたことで、それまでこうした金利で利益を得ていた金融業者は多くのお金を返金するように指導されたのです。

何十年も違法な金利で貸していたところは、とても大きな返還を求められて合併などの形で生き残りを行いました。それにともない上限利率に際しても厳しい基準が設けられるようになったこともあり、現在では金利はとても低いものになっています。どんな風に金利を設定するのかは法律で定められているものであり、その中でビジネスを行っていくことが求められています。
(⇒今も生き残る消費者金融は比較しても優秀?

金融業界にとってとても大きな変化が起きた時期であると言えます。それまでのビジネスでは全く成立することが出来ない仕組みになりました。そのため多くのキャッシング業者は大手の傘下などに入ることで名称のみを残すという形になった会社もたくさんあります。法律の改正がここまで多くの人の生活に反映されるのはとても珍しい事態です。法律を改正されることで成立することが出来ないビジネスはたくさんあります。

また時代によって法律はどんどんと変化していくものであり、それに対応していくことが現代のビジネスには必要だと言えます。アイフルなどはきちんと利率を推移させていくことでこの難局を乗り切ることが出来たと言えます。利率を変えたことは、とても大切なポイントです。今まで利用していた人にも、こうした変化は大きなメリットがあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.