アイフルで借入アップするために何をする?

キャッシングベスト3

アイフルで借り入れアップするためには、何をしておけばいいの?

消費者金融での借入額アップ、一体どんな事を準備しておけばいいのですか?特に、アイフルの場合に準備するべきことを教えてもらいたいんです。ちなみに職場は変われないので、年収アップというのは急には無理です。徐々に昇給はしています。

一番は、返済実績を確実に高める事!

やはり借入額アップのためには、一番必要なのは返済実績を積んで積んで積むことね。だけど2010年以降は、それよりもあなたの総量規制枠は大丈夫なの?というのが一番かもしれないわね。みんなそこを忘れてないかしら?消費者金融やクレジットカード会社からは、年収の3分の1までの借入れが規制されてるわよね?それ覚えてる?まあ、あなたたちが覚えてなくても貸す側がチェックしてくれているから総量規制を超えてまでは特別な理由がない限り貸してくれませんけどね。

でもね、自分で総量規制枠を管理しているのと、貸金業者に「あなたもうこれ以上は総量規制にかかりますよ」と注意されるのとでは、業者に対する印象もずいぶん変わるわよね。審査に落とされるときは、総量規制だからとは説明してもらえない時が多いから、そこを頭に入れてないと「なんで?どうして?なぜ?なぜ?」と無駄にパニックになるんじゃないかしら。そういう人たちのことを考えると、増枠で一番心がけるのは「総量規制」といっておいてあげないと、不注意になるかもしれないわ。

そこはきちんとご自分で把握されていると考えるなら、まずは返済実績でしょ、それから、ご自分のポジションの変化も消費者金融はあまり好まないわね。転職なんかね、もちろん派遣社員から正社員に昇格などなら嬉しい話だけど、それも同じ会社でならよけいいいわね。だけど逆はダメ。それから、コンスタントな利用も意外と大切なのよね。コンスタントというのは、一定のリズムとでも言うのかしら、月によってランダムに(だらしなく)借りたり返したり借りたり借りたりというよりは、お給料日の前に少し借りているとか、毎月同じような金額の利用だ、なんてことね。

どんな借り方をしても返済が乱れてたんじゃ話にならないけどね。ついでに申し上げるけど、総量規制は他社で借りてたらわからないんじゃないかって思う人もいるようだけど、それは無いの。信用情報のネットワークで消費者金融や他の金融機関は繋がってるから、本人がいろんなところで借入れてるとしても、年収の3分の1に達した時点で、全部の消費者金融から貸してもらえなくなるのよ。それはそれは突然ATMとかが使えなくなるんだから、怖いわよ~。目の前真っ暗になるわね。

だから、自分で管理しておかなくちゃだめなのよ。これから合コン!というときに「このカードでのご利用はできません」なんて冷たーい文字がATMから出て来てみてよ~、恐怖でしょ。だから、日頃の自己管理が大切なの。しっかり!足元見て生きてね。

【参考ページ】
消費者金融でより確実に増額するには?

アイフルで借り入れアップを試してみましょう

アイフルは総量規制対象の金融業者です。総量規制とは貸金業法が適用される業者からの借り入れが、基本的には収入の3分の1までと規制される法律です。クレジットカードのショッピング区分や銀行からの借り入れについては、この規制の対象外となっています。アイフルでは他社との借り入れも含めて、収入の3分の1を超えない範囲でしたら、借り入れアップを申し込むことができます。
(⇒アイフルの借り入れ利用前に気をつけたい事

当然お金が必要で借り入れアップを申し込むことはありますが、必要でなくても借入可能額を増やしておくと、メリットがあります。それは借入可能額に対して上限金利が設定されているためです。100万円以上借入可能額を増やすことが出来る場合は、上限金利が15%まで下げることができます。もし複数枚カードを持っていて、借入がある場合は、アイフルでまとめてしまうのも手かもしれません。高い金利で複数枚契約しているよりは、低い金利のところでまとめてしまったほうが有利なためです。また1枚にまとめることで支払日が1回で済みますので、つい返済日を忘れてしまうというリスクが減ります。
(⇒融資金利の法則について

借入額の増額申し込みはネットや電話で行うことが出来ます。審査はとても早いので、申し込んだその日のうちに変更してもらうことも可能です。アイフル単独での契約金額が50万円を超える場合や、他社との借入額の総額が100万円を超える場合は収入を証明する書類が必要となりますので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

借り入れアップが通った場合、新しい条件はネット上で確認することができます。借り入れに関してはネットからログインして振込み予約をしたり、電話で振込みを申し込んだり、アイフルのATM、コンビニの提携ATMから好きなタイミングですることができます。返済についてもコンビニの提携ATMから行うことが出来ますので、資金に余裕ができたときに自由に返済することで利子の支払い分を減らすことが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.