アイフルでの追加融資の条件って何なの?

アイフルでの追加融資の条件って、一体何なのでしょうか?

借りている途中なのにまた融資を受けるのを追加融資と言うらしいのですが、この方法や条件というのがイマイチ分かっていません。初めてアイフルを使おうとしている私からすると金融系の説明サイトの内容はどれも難しく、理解に時間がかかってしまって途中で放り投げてしまいます。小さい頃から持続が出来ないって良く言われていました。

そんな私の事はどうでも良いとして、これからアイフルと使って借りた場合、途中でまた借りたくなった時にすべきこと、気をつけないといけない事を教えてくれませんか?さすがに久々に合う親戚の結婚式に、手ぶらで行くわけにもいきませんし、そこからまたお金を追加で借りたりしそうなので…正直融資の利用には気が進んでいませんが、よろしく教えて下さい。

あまり難しい事は無いですが使いすぎだけに注意して下さい

一応アイフルにも色々な借り方があるわけですが、この場合だとカードローンの利用ですよね?結婚式は主催じゃなくてもお金がかかるもので、祝い事と言っても急な出費に気が進まない…って凄く分かります。私も一月に結婚式が二回もあった時はさすがに融資無しでは切り抜ける事ができませんでした。

そしてその借金返済中にも出費があった時、追加で融資を受けられるかどうかで便利さも変わってきますからね。それでアイフルのカードローンを利用しようと思っているのは、賢い選択だと言えます。単純な使い勝手もそうなのですが、追加融資でも非常に扱いやすいからなのです。

アイフルで追加融資を受ける場合ですが、これはカードの利用限度額まで達していない限り、普通にお金を引き出す事が可能です。返済途中でも変わった事はありませんので、ほぼ通常通りと言って良いでしょう。借りた分は返さないといけないわけではありますが、それでも難しい事が無いだけでも非常に便利さも伝わりやすいですね。
(⇒アイフルでお金を借り入れる場合の仕組みについて

強いて気をつけるべき事と言えば、限度額までなら好きなだけ借りられるが故に、ついつい気が大きくなって無駄使いもしやすいという事くらいでしょうか。限度額まで必要でも無いのに借りてしまうと、返済が大変なだけで良い事はあまりありません。さらに総量規制に引っかかってしまうとそれ以上の融資を受けようにも、一切借りる事ができなくなります。年収の三分の一以上はこの総量規制となり、お金を借りられなくなる事には留意しておきましょう。

まあはっきり言って、使いすぎない分には追加融資も本当に便利で扱いやすいです。自制心があればどこまでも便利に使えますので、アイフルのカードローンは宣伝文句のように、計画的に使って下さいね。

外すことが出来ないアイフル追加融資の条件について

アイフル追加融資の条件はとても大事なポイントになっています。こうした追加融資を受けたいということであれば、何よりも重要になっていくのがきちんと返済することが出来る能力を持っていると判断されることです。基本的にはアイフルでは返済能力に応じて融資をすることになっているので、返済出来るということを具体的な形で証明することが必要になります

収入証明の提出や返済などを遅滞していないことで証明していくことが出来ます。アイフルのようなきちんとしたキャッシングローンになると明確な基準があります。こうした基準を少しでも満たしていないと判断されれば追加融資を断られることになります。なぜ融資をしてもらうことが出来ないのかはとても簡単なことです。それは返済に関してリスクがあるからです。

法律でも返済の見込みがない人や無理な融資は禁止しているので、ガイドラインに沿った形で追加融資の有無は決められることになります。法律の改正はこうした部分でも大きく影響しています。以前であれば追加融資を受けることが出来た条件でも現在では禁止されていることも多々あります。

法律が厳格化したことによりとても安全なものになったことは事実ですし、追加融資の基準はきちんとそれまでのデータなどによって作られているものです。つまりきちんと返済してもらうことが出来る範囲内で作成されています。融資を受けるということは、こうした基準に沿うということが大事です。法律を厳格化したことで、トラブルを回避していくことも出来ますし誰もが安心して利用することが出来るサービスになっています。追加融資は、それまでの返済に関する部分がとても大きく影響しているとされています。

なぜなら追加で融資をするということは現在行っている融資の延長線上であり過去のことを見れば、その人が返済に関してどんな意識を持っているのかも知ることが出来ます。追加融資にも明確な基準が必要になります。

【参考ページ】
アイフルにおける追加融資の定義とは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 アイフルを選ぶなら→こちらもお薦め!※借りたい業者大特集! All Rights Reserved.